在庫限り【茶道具】 唐銅花入 菱形 饕餮紋 胡銅写   *とうてつ紋*  虎・寅・羊・未・牛・丑 [696hir99902]

在庫限り【茶道具】 唐銅花入 菱形 饕餮紋 胡銅写   *とうてつ紋*  虎・寅・羊・未・牛・丑 [696hir99902]

◆『現在』の価格◆: 41,119円(税込)

入荷待ち

商品詳細

●作者:喜多庄兵衛   ●箱:桐箱   ●寸法:高25cm・幅12cm   ◆花を入れやすいよう、オトシがついています。(下 写真 ご参照)   ◆錆色は、人工的に施したものです。古物ではなく、新品の商品です。
※※ 画面 左下 より 「新規登録」 あるいは 「ログイン」して頂きますと、『会員価格』に切り替わります。

※完売の節は、何卒 ご容赦くださいませ。


【饕餮紋:とうてつもん】
饕餮とは、中国神話の怪物。体は牛か羊で、曲がった角、虎の牙、人の爪、人の顔などを持つ。饕餮の「饕」は財産を貪る、「餮」は食物を貪るの意である。何でも食べる猛獣、というイメージから転じて、魔を喰らう、という考えが生まれ、後代には魔除けの意味を持つようになった。

殷代から周代にかけて青銅器や玉器の修飾に部分的に用いられる。この頃の王は神の意思を人間に伝える者として君臨していた。その地位を広く知らしめ、神を畏敬させることで民を従わせる為に、祭事の道具であるこのような器具に饕餮文を入れたものとされる。
明代には、竜の子である「竜生九子」の一つで、その五番目に当たるとされた。飲食を好むという。故に鼎の模様とされる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

▲ 上の画像も クリックすると 拡大されます