【茶道具】 茶杓 滲竹 「天乃川」 機物神社 宮司 中村利兵衛 *    [090csk10097]

【茶道具】 茶杓 滲竹 「天乃川」 機物神社 宮司 中村利兵衛 *    [090csk10097]

◆『現在』の価格◆: 24,189円(税込)

商品詳細

●共筒・共箱・紙箱つき   ◆御歳 九十余歳の御染筆、貴重な一品です。(他の銘も承りますが、半年〜1年頂戴いたします。また 宮司のご体調により、お断りさせて頂く場合もございます。)
※※  画面 左下 より 「新規登録」 あるいは 「ログイン」して頂きますと、『会員価格』に切り替わります。 ※※


※機物神社 (はたものじんじゃ:大阪府交野市)

大阪 枚方から交野にかけては、七夕伝説の発祥地とされ、現在でも「天の川」や「かささぎ橋」「牽牛石」等 多くの地名に名残を留める。平安期、 惟喬親王に随行した在原業平が「狩りくらし 七夕つめに宿からん あまの河原に 我はきにけり」と詠ったことも著名。
神社の創建は定かではないが、4〜6世紀頃 渡来人によると考えられ、室町期以降 信長、光秀、秀吉 等の寄進を受けるなど、一時は格式を誇った。ご祭神は、織姫である「天棚機比売大神 (あまのたなばたひめ おおかみ)」。毎年七夕祭りが盛大に行われ、7月6日の宵宮・7日の本宮には全国から5万人もの人々が訪れる。

※完売いたしました。

▲ 上の画像も クリックすると 拡大されます